海外不動産の仲介会社

 購入する海外不動産の物件を見つけ出し、契約書を作成し、売買契約を締結することを自分一人で終わらせることはできません。どんな投資家であっても、必ずなんらかの会社(不動産仲介会社)の協力を得る必要があります。以下では、海外不動産を購入する際に利用する仲介会社について説明します。

仲介会社の種類

(1)日本の不動産会社

 日本には海外不動産物件を紹介し、購入契約をサポートする不動産会社が多くあります。海外不動産物件を紹介する不動産会社の多くは、海外不動産に関するセミナーを開催し、海外不動産を購入するメリット・デメリットや手続きなどを説明しています。

 海外不動産物件を紹介する日本の不動産会社は、得意とする地域があります。たとえばハワイの物件だけを紹介する会社もあれば、特定の新興国(主に東南アジア)の物件を紹介する会社、先進国の物件を紹介する会社などです。大手の不動産会社の中には、特定の地域だけでなく、複数の国を対象に物件を紹介するところもあります。

 日本の不動産会社は、日本語で物件に関する情報を説明してくれるほか、日本の税制など法規制にも詳しく、利用する側にとっては安心感があります。ただ、現地(海外)の不動産会社に比べ、取り扱う物件の多くが投資効率が低いことや、仲介手数料が割高である可能性があります。

(2)現地(海外)の不動産会社

 海外にも日本と同じように物件の売買を仲介する不動産会社が存在します。ただ、日本語でコミュニケーションが取れる現地の不動産会社は少なく、多くは英語でのコミュニケーションが求められます。

 また、現地の不動産会社は、現地ならではの法規制や契約方法を当然のことと考えがちで、現地の法規制や慣習に不慣れだと、詳しい説明がないまま売買契約の手続きが進められてしまう恐れがあります。このほか、物件購入者が有する知識や情報が不足していることを知ると、現地人よりも高い購入価格を提示し、売買時により多くの利益を確保する悪徳会社もいます。

 一方で、現地の不動産会社は、現地の状況に詳しく、日本の不動産会社では取り扱わない(取り扱えない)優良物件を紹介してくれることもあり得ます。

(3)海外不動産に詳しい日本の専門家(コンサルタント、FP、税理士など)

 日本には、不動産会社だけでなく、海外不動産に詳しい専門家(コンサルタント、FP、税理士など)がいます。彼らは不動産会社ではないので、物件を購入する際には彼らと提携
する不動産会社を利用します。提携する不動産会社は、日本の不動産会社だけでなく、現地の不動産会社の場合もあります。

 彼らは、投資の観点で海外不動産物件を評価しますので、不動産会社よりも投資目的の購入者にメリットがあるかもしれません。ただ、彼らの報酬は、購入者から直接得るのではなく、提携する不動産会社から営業協力金として支払われることが多いため、説明内容が中立的な立場によるものではなく、提携する不動産会社の意向に沿ったものなる恐れがあります。

購入者にとってメリットの多い仲介会社とは

●日本人顧客による海外不動産の取引実績が多い

 海外不動産投資で難しいことの一つに、法規制や契約形態が日本と現地との間で大きく異なることが挙げられます。また契約においては、日本語以外の言葉(たとえば英語)が使われることがほとんどで、契約前に予期しなかったトラブルに直面することもあります。

 このため海外不動産の仲介会社を選ぶ際には、日本人を顧客とした海外不動産の取引実績が多いところを候補とするといいでしょう。日本人顧客との取引が多いところほど、日本人ならではの落とし穴を把握している可能性が高いほか、法規制や契約などの点で日本と現地との違いを理解し、日本人顧客に対し有効なアドバイスや事務作業を手配することが期待されるからです。

●現地とのコネクション(関係)

 海外不動産の物件を評価する際には、現地から的確な情報を入手することが必要です。現地から情報を得るには、ネットでの検索だけでなく、現地に在住するスタッフや現地の不動産会社を活用するほうが効果的です。

 このため、どのような仲介会社を利用する場合でも、現地とのコネクションがどの程度しっかりしているかを確認するといいでしょう。そして、そのコネクションによって、どのように情報を入手できるのか、どのようなメリットがあるかをヒアリングしてみましょう。

●海外不動産に関するセミナー

 国内の不動産会社を中心に、仲介会社は、海外不動産に関するセミナーを開催することが増えています。仲介会社は、セミナーを開催することで見込み客を効率よく確保できますし、購入(候補)者は、セミナーを通じて海外不動産投資に関する情報を効率よく入手できます。

 仲介会社を評価する基準の一つに海外不動産に関するセミナーの開催の有無があります。セミナーを開催していないことで、その仲介会社が悪い会社であると決めつけることはできませんが、個人や小規模での説明会でもよいので海外不動産に関する情報を提供する姿勢のある仲介会社は、情報提供の意欲が低い会社よりも好ましいと考えることはできます。

 もちろんセミナーを開催している仲介会社すべてが、良い会社であるとは言えません。以下の点でセミナーを評価し、仲介会社の良し悪しを判断するといいでしょう。

【仲介会社を評価するためのセミナーでのチェックポイント】
・断定的な主張や指摘をしていないか。
・リスクに関する情報提供が提供される情報全体の2割を超えているか。
・客観的な視点で情報が提供されているか。
・定量的なデータを数多く引用しているか。
・引用しているデータの出所や出典が明記されているか。
・引用しているデータが最近(過去2年程度まで)のものか。
・期待(予想される)収益について前提条件が明記されているか。