ハワイの基本情報

地理

 ハワイは東京から直行便で約7時間に位置し、漢字で「布哇」と書きます。1959年に米国(アメリカ)の50番目の州となりました。アメリカ本土ではない州は、ハワイとアラスカの2つのみで、ハワイはアメリカ本土から南西に3,200キロ離れています。州都はホノルルです。

 ハワイは、アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、地理的にも民族的にも近いポリネシアでは最も北にある列島で構成されています。

 ハワイは、ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島で構成されています。なお、ハワイ州で最大の島は、ハワイ島ではなく、ホノルルがあるオアフ島です。

民族・言葉・宗教

 ハワイにはアジア系、白人系、ヒスパニック系、先住ハワイアンなど、多様な民族が混在しており、アメリカの州としては唯一アジア系の民族が最多を占めています

 ハワイ州の公式言語は、英語とハワイ語です。ハワイ語は、ポリネシア人であるハワイ先住民が使っていましたが、現代では母語とする話者は少なくなっています。ただ、近年は地名表記などでハワイ語発音での表記が増えています。

 ハワイでは、人口の半分くらいが無宗教で、3割くらいがキリスト教徒、1割くらいが仏教徒です。

文化

 ハワイは、太平洋中部と南部に拡がる広大なポリネシア三角の北端であることから、伝統文化はポリネシア由来のものとなっています。現在でも伝統的なハワイ文化は続いており、全島で儀式や伝統行事の再演が行われています。

 ハワイは、日本人、東南アジア、メキシコ、欧州など様々な国からの移民で構成されていることから食文化も非常に多様です。

 大皿に様々なオカズを並べて食べる「ミックスプレート(プレートランチ)」は、プランテーション農業時代に、各地の移民が持ち寄った食べ物をみなで分け合った名残といわれています。また、生魚の切り身を使った「ポキ」と呼ばれる料理は、ハワイ名物として知られています。

気候

 ハワイは熱帯に属していますが、東からの貿易風が吹くときは、気温、湿度ともにそれほど高くなりません。ただ、風がやむと気温が上がり35℃を超えることもあります。

 ハワイの季節は、夏(5月~10月)と冬(11月~4月)の2つに大きく分かれますが、気温が大きく変わることはなく、平均気温25℃前後の温暖な気候が続きます。

日本との関係

 ハワイには日系人が多く、ハワイへの観光客数はアメリカを除くと日本からの観光客数が最大です。