海外不動産へ投資をするメリット


大きな利益


不動産投資では、主に2つの利益が得られます。

一つ目は「インカムゲイン」です。

不動産を所有していると、所有する不動産を貸すことで、家賃を受け取ることができます。
受け取った家賃による利益をインカムゲインといいます。

二つ目は「キャピタルゲイン」です。

不動産は価格が上がったり下がったりします。

不動産を売ることで得られたお金

不動産を買うときに支払ったお金

の差額(利益)がキャピタルゲインです。

海外不動産でも、インカムゲインとキャピタルゲインという2つの利益が得られます。

インカムゲインは、不動産が位置する国・地域の物価(インフレ)によります。
物価が上がる国・地域では、時とともにインカムゲインも増える傾向にあります。

キャピタルゲインは、不動産が位置する国・地域の経済成長によります。
高い経済成長の国・地域では、キャピタルゲインが大きくなる傾向にあります。

海外の多くは、日本よりも物価が上がりやすく、経済成長も高い傾向にあります。
このため、同じ不動産投資でも、日本国内より海外のほうが、
インカムゲイン、キャピタルゲインいずれの点でも
より大きな利益を得ることが期待されます。


分散効果


投資の世界では、

卵は一つのカゴに入れるな

という言葉があります。

これは、卵を一つのカゴに入れておくと、そのカゴに何かあったときに
中に入っていた卵がすべて割れてしまう可能性があることを諭しています。

言い換えると、もっている卵を一つではなく複数のカゴに入れておくことで、
すべての卵が一度に割れてしまう可能性を低くすることができるといえます。

卵を資産に置き換えてみましょう。

たとえば、資産をすべて株式にしてしまうと、株価が暴落したときに
資産が大きく減ってしまいます。
そこで、資産は株式だけでなく不動産、債券、ゴールド、暗号資産などに
わけておくと良いとされています。

また資産の種類だけでなく地域も複数に分けておくと良いでしょう。
すべての資産を日本国内にとどめておくと、日本に何かあったときに
資産が大きく減ってしまう可能性があります。

そこで、日本国内だけでなく、米国、欧州、アジアなどに
わけておくと良いとされています。

海外不動産は、「海外」の「不動産」という2つの分散効果が得られると言われています。

おすすめ